ひろしまマイ・タイムラインってなに?

  • 雨や風は事前に予測できるので、風水害が発生する前に避難をすることができます。
  • 避難に備えた行動を一人ひとりがあらかじめ決めたものが、マイ・タイムラインです。
  • 一人ひとりで、家族で、地域で、それぞれのマイ・タイムラインをつくってみましょう。
  • このマイ・タイムラインの作成を通じて、しっかり準備をすすめて、風水害から身を守りましょう。
避難のための準備や避難開始のタイミングを考えてみよう!

どんな時に使うの?

ひろしまマイ・タイムラインは、風水害が発生するかもしれない「3つの気象状況」が、まさに身の周りに起こりそうな場合に使います。

台風が近づいて
いるとき

ニュースで3~5日後に台風が直撃するおそれがあると報道されたときは、土砂災害・河川の氾濫・高潮の発生のおそれが考えられます。

大雨が
長引くとき

天気予報で、大雨がまだ2~3日続くと予想されているときは、土砂災害・河川の氾濫の発生のおそれが考えられます。

短時間の急な豪雨が
発生するとき

天気予報で、夕方、突発的に大雨や雷を伴った豪雨が降る可能性があると注意を呼びかけたときは、土砂災害・河川の氾濫の発生のおそれが考えられます。